『栗林 隆の世界』 
The World of Takashi Kuribayashi 

ドイツを主な活動の場としてきたアーティスト栗林隆の作品が完成しました。
シンガポールビエンナーレに出展します。
当日はトーク・イベントを開催いたします。
どうぞご参加ください。

オープニング 2006年9月1日〜 シンガポールビエンナーレ
エルメス:9月3日〜

栗林隆 アーティストトーク
9月3日(日)14:00〜14:30 
 
 




 『栗林 隆の世界』 

↓豊田市美術館にて開催↓

庭は木々のざわめきや水のせせらぎ、訪れる鳥の声に耳を傾け、花の香りを嗅ぎ、枝から果物をもぎ取って味わう、
五感すべてで感じることのできる空間です。そこはときに私たちを至福へと導く聖域となり、
ときに精神を研ぎ澄ます瞑想的な場となります。
そいした空間に身を置くことで、私たちは穏やかに自らと向き合うことができるのです。
人工的に囲まれた現代の生活の中で、私たちはいかにそうした庭を身近に引き寄せることができるでしょう。
いま人工物と自然は、互いに反発しあうのではなく。
次第に寄り添い、結び付きながら、新たな庭を作り出す可能性をささやいています。
レースをまとった観葉植物、隙間に出現した小さな庭、お菓子でできた鳥、
ふわりと膨らんだ大きな房、真っ白な迷宮−
一つの庭からまた別の庭へと巡るように、それぞれの作家たちの庭を味わってみてください。
いつも庭とともにあるための、いくつかのヒントをみつけることができるでしょう。














◆栗林隆 プロフィール
 1968年長崎県生まれ
 武蔵野美術大学卒業後、GHK(カッセル総合大学)、
 クンストアカデミー・デュッセルドルフで学ぶ。
 96年よりドイツ国内外ならびに日本国内において個展、グループ展を開催!
 個展(ケルン市立美術館アートテーク/2003)
 グループ展【アウト・オブ・ザ・ブルー】(トーキョーワンダーサイト/2003)
 グループ展【見るための冒険】(広島市現代美術館/2004-05)
 ショウウインドウ・プロジェクト(メゾン・エルメス東京/2004) 他

HOME