タイ シミランに最も近いリゾートカオラックから シミランクルーズを主催している唯一の日本人ダイビングショップ
| サイトマップ | お問い合わせ | リンク | 
ホームデイトリップ・体験ダイビング・ライセンス取得・シュノーケリングカオラックショップ・スタッフ紹介料金表お申し込み方法
 トップ > シミラン・スリンクルーズ > よくあるご質問 Q&A(クルーズ編)
      

よくあるご質問 Q&A(クルーズ編)

[Q1] 1日に何本潜れますか?
基本的にサンセットダイブ(もしくはナイトダイビング)を含め1日4本です。(最終日は朝1本のみとなります)

[Q2] ベストシーズンは何時ですか?
一般的に、乾季は10月中旬から5月中旬といわれています。透明度は平均して15m〜25mです。アンダマン海域はプランクトンが多いのでミクロネシア海域のような透明度はありませんが、プランクトンが多い分生態系が豊かで世界に誇る魚影の濃さを保っています。

[Q3] 水温は何度くらい?
水温は平均28℃〜30℃と、年中温かいです。ウェットスーツは3mmもしくは5mmでOKです。インナーやフードがあればお持ち下さい。

[Q4] 船酔いするのですが揺れは?
シーズン中は比較的穏やかですが、天候等により、乾季でも風が強く吹き船が揺れることもございます。その時の体調や個人差もございますので、船酔いがご心配な方はスタッフにお申し出ください。よく効く酔い止めを用意しています。夜間は、移動するとき以外穏やかな島影に停泊しますのでずっと揺れている、というような事はありません。

[Q5] 流れはありますか?
タチャイ島やリチェリューロックでは、時々流れが強くなる事があります。

[Q6] 持っていった方が良い器材は?持っていかなくてよい器材は?
お持ちの方は、シグナルフロート をご持参ください。クルーズ船上での販売もございます。(1本400BHT)。また、安全にダイビングをお楽しみいただくためにダイブコンピューターもご持参されることをおすすめしています。(1日200BHTでレンタルもございますが数に限りがあります)。
グローブ、指示棒は禁止していませんが、水中生物や珊瑚等に触れたりしないよう、くれぐれもご注意ください。
メッシュバッグは必要ありません。カレントフックも使わなければならないほどの流れはめったに起こりません。

[Q7] クルーズ船の電圧とプラグは?
当クルーズの電圧は 220V で、コンセントプラグの形状は日本と同型の Aタイプ です。必要な方は、変圧器をご持参下さい。

[Q8] チップは必要?
当クルーズではボート上のタイ人クルー、キャプテン、クックさんへチップのご協力をお願いしています。目安としましては4日間のクルーズで1000BHTほどをお願いしております。ご協力いただけます場合は、下船前に用意いたしますチップボックスをご利用下さい。


[Q9] クルーズ参加時に必要(あると便利)な持ち物は?
<必要なもの>
・Cカード、ログブック
・水着(何枚かあると便利)
・ご自身のダイビング器材(レンタル器材が必要な場合はご出発前に必ずご連絡をお願いします)
・就寝時にはおれる長袖(キャビン内のエアコンの微調整が難しいため)
<あると便利なもの>
・パレオ(ぬれた水着の上から巻けたり、便利)、
・日焼け予防グッズ(日焼け止め、サングラス、帽子、ウィンドブレーカーなど)
・日本食やお菓子(クルーズ中のお食事は日本人に合わせたタイ料理がでますが、もし不安な方は食べなれたものをご持参されることをお勧めします。また、スタッフに与えていただけると幸いです)
・急な天候の変化に備えて、ボートコートなど
<あるとうれしいもの>
・船上で聴きたい音楽CD(おすすめCDなど持ってきていただけるととってもうれしいです)
・船上で読みたい小説、雑誌(読み終わったらぜひ船に置いていって下さい ^−^)
・アルコール類(クルーズ船にてビールは販売していますが、その他のアルコールはお持ち込みいただけます。)